日暮里・舎人ライナー「高野駅」徒歩2分 〒123-0873 東京都足立区扇3丁目13番14号 03-3855-4154

脊椎、関節疾患に対する専門的医療を提供

脊椎、関節疾患に対する専門的医療を提供

当院のリハビリテーション

HOME»  入院のご案内»  リハビリテーション科

外来担当医表





採用情報



当院のリハビリテーション

リハビリテーション科の紹介


  • 当院7Fリハビリテーション室

  • 当院リハビリテーション科スタッフ

当院のリハビリテーション科では、整形外科疾患・中枢神経疾患(脳卒中や脊髄損傷など)に対して幅広いリハビリテーションを実施しています。
関東が一望できる美しい景観と160㎡を超える広い運動空間のリハビリテーション室で、担当の理学療法士、作業療法士が患者さん一人一人に対し、個々に応じた運動療法や作業療法および体操指導を実施します。
当院のリハビリテーションの特徴は、病気や外傷によって失われた機能を取り戻すだけでなく、健康寿命の維持・延伸の観点から、発症または受傷前以上の日常生活動作(ADL)の獲得を目的としています。

当院7Fからの景観

理学療法

病気や外傷による身体の運動機能の低下に対して運動療法による治療を行い、痛みの軽減、関節の動く範囲の拡大、筋肉強化を行います。
また起き上がり動作をはじめ、座る、立つ、歩くなど日常生活に必要な基本動作の練習を行います。

作業療法

病気や外傷で服を着る、トイレに行く、字を書くなどの日常生活に支障がある方に対し、様々な活動を通し精神面・認知面・身体面の機能の回復・ 維持を図り、ADLの拡大を行います。

リハビリテーション科活動報告

当院リハビリテーション科では、療法士を中心としたリハビリテーション専門職を対象に、各方面の著名な先生方を招いて定期的に勉強会を開催し、 スタッフの知識・技術の研鑽に努めています。

第2リハビリテーション研究会HP
http://dai2rehabilitationsociety.jimdo.com/

2016年11月13日開催の『TOKYO SOCIAL FES 2016』で当院リハビリテーション科スタッフが介護指導やリハビリ相談を行います。 
興味のある方はご来場ください。

詳しくはこちら→http://www.tokyosocialfes.com/
 
学会活動
 2015年
 10月25日 東京都理学療法士協会 第6回西多摩・南多摩ブロック学術集会
  演題:「左人工膝関節置換術を施術した症例」
  演者:理学療法士 山本 啓介
  
  演題:「腰部への疼痛を呈した第4腰椎骨粗鬆症性椎体圧潰術後の症例」
  演者:理学療法士 佐藤 優樹 

 
 2016年
 2月14日 東京都理学療法士協会 第5回西北部ブロック学術集会
  演題:「機能的脚長差の改善により疼痛軽減が図れた腰椎分離すべり症の一症例」
  演者:理学療法士 安本 彩乃

 3月2日 一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 第27回研究大会in沖縄
  演題:「不良姿勢が改善した腰部脊柱管狭窄症の一症例」
  演者:理学療法士 清水 智弥

  演題:「ベッドアップによる体幹傾斜角度の違いが体幹側腹筋に及ぼす影響」
  演者:理学療法士 尾﨑 智之

 2017年
 2月10日 一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 第29回研究大会in広島
  演題:「腰椎変性すべり症に対する装具療法 -独歩再獲得を目指して-」
  演者:理学療法士 小島 良平

 2018年
 2月3日 一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 第31回研究大会in岩手
  演題:「寛骨アライメントの左右差に着目した腰椎不安定症術後の理学療法」
  演者:理学療法士 作田 拓也

  演題:「バランス能力が低下した第3腰椎圧迫骨折の一例 ~体幹深部筋の機能に着目して~」
  演者:理学療法士 澤田 香菜子

 2月25日 第13回東京都病院学会
  演題:「ゆとり世代が考える、ゆとり世代だからこそできる新人教育」
  演者:理学療法士 小島 良平

 2019年
 2月22日 一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会 第33回研究大会in舞浜・千葉
  演題:「繰り返し発症した第1-4腰椎圧迫骨折の一例 -開眼時立位の重心動揺に着目して-」
  演者:理学療法士 澤田 香菜子

  演題:「骨盤運動戦略の強化から歩容の改善を目指した頚髄不全損傷に対する理学療法」
  演者:理学療法士 山﨑 裕貴

  演題:「右寛骨インフレアの誘導により慢性腰痛が改善した症例」
  演者:理学療法士 佐藤 菜南子

 2月24日 公益社団法人東京都理学療法士協会 第10回区東部・区東北部ブロック学術集会
  演題:「左股関節外旋位の修正により筋・筋膜性腰痛が消失した症例」
  演者:理学療法士 深水 剛

  演題:「足関節底屈筋の筋力増強により歩行持久力が向上した腰部脊柱管狭窄症の一例」
  演者:理学療法士 鈴木 謙之

 
当院リハビリテーション機器について
◆レッドコード(Red Cord)

整形外科疾患(腰痛、頚部痛、肩痛、膝痛、骨折後のリハビリ治療など)や中枢神経疾患(脳卒中、脊髄損傷など)に対するリハビリテーションだけでなく、スポーツ選手のエクササイズなど幅広く使用されています。
スリングエクササイズによりロープを用いて身体の重力を免荷するだけでなく、身体バランスと筋バランスを調整することで適切な動きを促がし、効果的なリハビリテーションを行うことが出来ます。

当院でも平成25年10月に導入いたしました。

◆ゲートビュー(Gait View)

足底の圧力分布が色と数値で表示されます。
立位静止時だけでなく歩行時の3次元的な動きも圧力中心線の表示により解析できます。
平衡機能検査、体のバランスのモニタリングも可能で、集計したデータを元にひとりひとりの患者さんに最適なリハビリテーションを行っています。

PAGE TOP