日暮里・舎人ライナー「高野駅」徒歩2分 〒123-0873 東京都足立区扇3丁目13番14号 03-3855-4154

脊椎、関節疾患に対する専門的医療を提供

脊椎、関節疾患に対する専門的医療を提供

関節の主な症状


外来担当医表





採用情報



当院で扱っている主な疾患

関節(JOINT)

   
 

肩関節周囲炎

原因・症状

肩関節周囲に炎症を起こし痛みが生じる疾患の総称です。重い物を持ち上げる、繰り返し動かすなど肩に負担が加わることで、上腕骨や肩甲骨に付着する腱や筋肉、関節を滑らかに動かすための袋(滑液包)が炎症を起こします。腱に石灰が沈着して激痛を起こすこともあります。これにより、痛み(安静時,夜間,動作時)や肩を動かし難いなどの症状が起こります。

診断

レントゲン撮影で関節や骨に異常がないことを確認し、痛みの部位や肩関節の動きなどから診断します。炎症を起こしている部位を確定するため、MRI検査や超音波など詳しい検査が必要な場合もあります。

治療

症状に応じて、痛み止めや湿布などの薬、腱や関節内への注射(ステロイドやヒアルロン酸)を行います。肩関節が固い場合、筋肉の緊張が強い場合にはリハビリテーションを行います。腱に付着した石灰は自然に消失することが多いですが、消失しない場合には関節鏡という内視鏡を使って取り除く手術を行います。

PAGE TOP
 

五十肩・凍結肩

原因・症状

はっきりとした原因がなく、肩関節の袋(関節包)や靭帯が固くなって、肩の周りに痛みが生じる疾患です。時に日常生活や仕事、スポーツによる使い過ぎ、軽いケガをきっかけになることもあります。はじめは肩を動かしたときの軽い痛みで肩も動かせますが、次第に増悪し夜間や安静時にも痛みがでて、腕が上がらなくなります。五十肩の多くは1年ほどで自然によくなりますが、痛みや関節の動きに制限が残る場合もあり、適切な治療を行うことが重要です。

診断

レントゲン撮影で関節や骨に異常がないことを確認し、痛みの部位や関節の動き、筋力などから診断します。腱の断裂でも同じような症状が出るため、MRI検査や超音波など詳しい検査が必要な場合もあります。

治療

症状に応じて、痛み止めや湿布などの薬、滑液包や関節内への注射(ステロイドやヒアルロン酸)を行います。肩関節が固い場合にはリハビリテーションを行います。これらの治療で痛みや動きが改善しない場合には、関節鏡を用いて固くなった関節包を一部切開して動きを良くする授動術と呼ばれる手術を行います。

PAGE TOP
 

肩腱板断裂

原因・症状

転倒や捻ったなどのケガ、重い物を持ち上げたなどの負荷、野球やバレーボールなどスポーツによる使い過ぎ、年齢的な変化により、肩甲骨と上腕骨をつなぐ腱板筋と呼ばれる筋肉の腱が切れる疾患が腱板断裂です。肩を動かしたとき、夜間や安静時の痛みに加え、腕が上がらない、力が入らない、動かすと音がするなどの症状が出ます。

診断

レントゲン撮影で骨棘という骨の出っ張りが見られ、腱の断裂が拡大すると上腕骨が上にずれていきます。症状やレントゲンだけでは五十肩や肩関節周囲炎と鑑別ができないため、確実な診断にはMRI検査が必要になります。

治療

症状に応じで、痛み止めや湿布などの薬、滑液包や関節内への注射(ステロイドやヒアルロン酸)、リハビリテーションを行います。これらの治療で痛みや動きが改善しない場合、断裂が大きい場合には手術が必要です。断裂の大きさに応じて、関節鏡を用いた腱板を修復する手術、断裂が大きく腱の修復ができない場合には腱の代わりとして太腿の筋肉の膜を移植する手術を行います。腱板断裂が悪くなると関節が壊れて変形性肩関節症となります。この場合には人工の関節に入れ換える手術が適応となります。

PAGE TOP
 

肩関節脱臼・亜脱臼

原因・症状

スポーツや転倒、転落などで肩関節に過大な負荷が加わり、関節がずれて適合しなくなった状態が脱臼です。もともと関節が緩く不安定な人では軽微なケガや動作で脱臼することもあります。元に戻す整復という操作が必要なものが完全脱臼、ひとりでに整復されるものが亜脱臼となります。脱臼により関節包や靭帯、腱板、軟骨などの組織が損傷します。損傷した組織が修復されないと、軽いケガやある一定の姿勢で簡単に何度も脱臼を繰り返す反復性脱臼となります。

診断

レントゲン撮影で脱臼の状態と、上腕骨や肩甲骨に骨折がないかどうかを確認します。骨が壊れた程度を判断するにはCT検査、関節包や靭帯、腱板損傷の評価にはMRI検査を行います。

治療

脱臼は直ちに整復する必要があります。脱臼を放置すると、整復が難しくなり、さらに神経の麻痺が起こります。整復した後は、三角巾やバンドによる固定を1か月間ほど行います。初めての脱臼でも骨折がある場合や組織の損傷がひどい場合には手術が必要となります。反復性脱臼は手術が第一選択の治療となります。関節鏡を用いて損傷した軟骨や靭帯、関節包を修復する手術を行います。手術後には適切なリハビリテーションを行うことが重要です。高齢者の脱臼では、関節の壊れている具合で、人工の関節に入れ換える手術が必要になることもあります。

PAGE TOP
 

変形性肩関節症

原因・症状

徐々に関節軟骨がすり減って、次第に関節が壊れていく疾患です。原因としては、年齢的な変化、大きな腱板断裂によるもの、反復性脱臼などの関節不安定性によるもの、関節リウマチなどがあります。はじめは肩を動かしたときの軽い痛みから始まり、次第に夜間や安静時にも痛みが出て、腕が上がらなくなります。ひどくなると肩を動かした時にゴリゴリと音がするようになります。

診断

レントゲン撮影で、関節の隙間が狭くなっている程度、骨棘という骨の出っ張り、骨の擦り減り程度を調べます。骨が壊れた程度を判断するにはCT検査、腱板断裂の有無を見るためにMRI検査を行います。

治療

症状に応じて、痛み止めや湿布などの薬、関節内への注射(ステロイドやヒアルロン酸)を行います。腕が上がらない、力が入らないなどの機能的な問題を改善するためには人工関節に入れ換える手術が必要となります。

PAGE TOP
 

肩スポーツ障害

原因・症状

野球やテニス、バレーボール、水泳など腕を頭上に挙げて行うオーバーヘッド・スポーツで、肩関節に負荷がかかって起こる障害です。繰り返す動作による肩関節周囲の筋肉疲労から筋緊張を起こし、筋肉のバランスが悪くなります。これにより、肩関節が不安定になったり、固くなったり、腱板や関節軟骨が損傷したり様々な障害を引き起こします。

診断

肩関節の動き、筋力、柔軟性を診察します。レントゲン撮影とMRI検査により、炎症や損傷を起こしている部位を確定し、身体所見から治療法を判断します。

治療

治療の第一選択はリハビリテーションです。関節の固くなっている部位、筋力が落ちている部位を評価し、選手個々に合わせたプログラムを作成し、筋力訓練やストレッチなどを行います。通院リハビリテーションだけでなく、自主訓練も重要です。症状に応じて、痛み止めや湿布などの処方も行います。明らかな組織損傷があり、リハビリテーションの効果がない場合には損傷組織の修復手術が必要になります。スポーツ選手では早期復帰のため、侵襲の少ない関節鏡による手術を行います。スポーツ復帰後には、コンディショニング指導も再発・予防のために行います。

PAGE TOP
 

半月板損傷

症状

半月板は膝関節の「大腿骨と脛骨」の間にあるC型をした軟骨の板で、内側・外側それぞれがあり、クッションの役割を果たしています。これが損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。時には、膝に水がたまったり、急に膝が動かなくなるロッキングという状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

病態

原因が様々であるため、損傷の形も様々です。

原因

スポーツなどのけがから生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月板に軽微な外力が加わって損傷する場合とがあります。前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月板だけが損傷するものと、靱帯損傷に合併して起こるものとがあります。半月板は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。

診断

単純X線(レントゲン)写真では半月板は写りません。症状や診察で半月板損傷を疑えばMRI検査を行います。MRIは非侵襲性で、半月板損傷の病態や合併する靱帯損傷の診断にも有用です。

治療

リハビリテーションや消炎鎮痛薬の内服など保存的治療で症状が改善する場合がありますが、改善しない場合には手術を行います。手術は切除術(損傷した部分を切り取る)と縫合術(損傷した部分を縫い合わせる)の2種類があり、通常は関節鏡を使って行います。

PAGE TOP
 

変形性股関節症

症状

主な症状は歩行時の脚のつけ根の痛みです。症状が進むと変形が生じ、股関節の動きも制限され、靴下履き、和式トイレが困難になります。

初期

立ち上がり、歩き始めに脚のつけ根の痛みが生じ、歩いていると軽快することもあります。

進行期

歩行時や動作中に痛みが強く、靴下履き、足の爪切り、正座や和式トイレなどが困難になります。

末期

脚のつけ根が伸びなくなり、膝頭が外を向くようになります。また、左右の足の長さも違ってきます。

病態・原因

原因は、先天性股関節脱臼の後遺症、臼蓋形成不全、あるいは外傷が主なものです。はじめに関節軟骨がすり減り始め、最後には骨の変形をきたします。親戚、親兄弟に先天性股関節脱臼や股関節疾患の患者がいる場合には臼蓋形成不全の可能性があります。

診断

問診、股関節の誘発痛や可動域制限、X線(レントゲン)像などで診断します。必要に応じてCTやMRIなどの検査を行います。

治療

日常注意

ダイエットに心掛け、日常の歩行では杖をつきます。

運動療法

水中歩行や水泳などで股関節周囲の筋力増強を行います。

投薬

痛みが強い場合は、消炎鎮痛薬の内服や外用薬を使用します。

手術

股関節の状態により、寛骨臼あるいは大腿骨の骨切り術や、変形が高度な場合には人工関節置換術を行います。

PAGE TOP
 

変形性膝関節症

症状

主な症状は膝の痛みと水がたまることです。症状が進むと、膝の動きは制限され、膝が完全に伸びなくなります。またO脚変形が生じます。

初期

立ち上がり、歩きはじめに膝が痛む(休めば痛みがとれる)。

進行期

歩くと膝が痛み、正座、階段の昇降が困難になる。

末期

変形が目立ち、膝がピンと伸びず、平地歩行も困難になる。

病態・原因

原因は関節軟骨の老化、外傷、肥満、遺伝などが考えられます。加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使いすぎによりすり減り、関節が変形します。

診断

問診や診察、特に触診で膝関節内側の圧痛、動きの制限、腫れ、変形、関節の不安定性などを調べX線(レントゲン)撮影をして診断します。必要によりMRIなどの検査もします。炎症所見が強く、関節穿刺で関節液が濁っているときは偽痛風や関節リウマチ、化膿性膝関節炎などの合併を確認するために血液検査をすることもあります。

治療

薬物療法

外用薬(湿布や軟膏)、内服薬(消炎鎮痛薬)、関節内注射(ヒアルロン酸など)

理学療法

大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練、装具療法、温熱療法など

手術

関節鏡手術、高位脛骨骨切り術、人工関節置換術など

PAGE TOP
 

大腿骨頚部骨折 / 大腿骨転子部骨折

症状

主な症状は股関節(脚のつけ根)に痛みがあり、ほとんどの場合、立つことや歩くことができなくなります。

病態・原因

大腿骨は股関節からすぐのところ(大腿骨頚部)で曲がっています。人間はその曲がった大腿骨で体を支えていますが、曲がったところは転倒や転落の時に外力が集中し骨折しやすくなります。この骨折は骨粗鬆症で骨がもろくなった高齢者に多発します。
病態が大きく異なりますので、関節の中で折れる場合(大腿骨頚部骨折)とそれよりもう少し膝側の関節外で折れる場合(大腿骨転子部骨折)の2つに分けて考えます。
大腿骨頚部骨折は骨粗鬆症がある場合、ちょっと脚を捻ったぐらいでも発症します。高齢者が何日か前から脚の付け根を痛がっていたが、ある時急に立つことがあります。これは立てなくなった時に骨折部でずれが生じたたと考えられます。
また大腿骨頚部骨折では骨頭壊死といって、後日、血流障害により骨がつぶれてしまう合併症にも注意が必要です。
一方大腿骨転子部骨折は明らかな転倒・転落で発生します。
大腿骨頚部骨折は血液循環が悪いため骨癒合が得られにくく、一方大腿骨転子部骨折は骨癒合が比較的得やすいので、手術方法が異なります。

診断

認知症などのためはっきりわからないこともありますが、もし高齢者が転んだりした後、立てなくなったら第一にこの骨折を考えて痛む場所を確認しX線(レントゲン)診断を行います。
亀裂骨折(ひび)などX線でわかりにくい場合はMRIで診断可能です。時々この骨折がなくても骨盤の亀裂骨折を起こしていることがあります。骨盤の亀裂骨折では多くの場合、歩行はなんとか可能です。

治療

安静期間中に認知症や動けないうちに運動機能がおちて寝たきりになってしまうこと(廃用性筋萎縮)があるので、何らかの手術療法を行うことがほとんどです。
大腿骨頚部骨折に対しては主に人工骨頭置換術、スクリュウやピンによる固定を行います。
大腿骨転子部骨折には主に大腿骨に太い釘を挿入し固定することがほとんどです。

PAGE TOP